MENU

CLOSE

手続きをする前に確認!自己破産を通りやすくする方法!

手続きをする前に確認!自己破産を通りやすくする方法!

0views

カテゴリ:未分類

自己破産に必要な要件とは?

債務整理でも特別

自己破産は、債務整理の中でも借金を全額免除できる最も特別な手続きです。お金を借りた債務者の財産がほとんどなく、お金を返済しなくてはならない時期に来たとしてもその返済が滞っている状態では、自己破産を弁護士に対して相談できる状況になっていると判断できます。

そのため、現実的にこうした状況になってしまっている人は、悩む前に最寄りの弁護士事務所に相談に行く方が賢明です。一般的に、上記のような状況を債務整理を利用する状況下では支払不能という言葉で言い表します。支払不能の債務者は、本人の能力では既に借金をどうすることもできないようになっているため、弁護士に悩みを相談して解決してもらうしか道がありません。

裁判所に認めてもらう

自己破産が、同じ債務整理の中でも任意整理と異なるのは、その手続きの適正を裁判所に認めてもらわなくてはならない点にあります。確かに、債務整理は法律的な根拠があって行われる手続きに違いはありませんが、申請した人物ならば誰であっても手続きが通る仕組みになっていると、お金を貸す金融機関は安心して相手に融資を行うことができなくなってしまいます。

そこで、債務者は裁判所に対して、借金を支払う義務が存在しなくなったことを認めてもらうために、相応の要件を満たして答弁をしなくてはいけません。この支払う義務が無くなったことを免責と言い、裁判所に免責事由を認めてもらって自己破産は初めて成立することになります。これが、自己破産に必要な最低限の要件になっていますので、弁護士と相談をする際にも裁判所に対する手続きについて必ず話し合いが行われます。

自己破産が通るためのポイント

具体的な事情が考慮される

自己破産では、債務者の具体的な支払不能に関する事情が考慮されます。例えば、個人とは言っても、社会の中で会社経営を行っている人であるのならば、その会社経営に関する責任は本人に帰属します。本人の経営の失敗を自己破産と結びつけて本当にそれが妥当なのかどうかが判断されます。一般的な観点からは、自身で会社経営を行い、その経営に失敗して多額の借金を背負ってしまったときには、その責任は自己責任として自身が問題を解決しなくてはならないように見えてしまいます。

しかし、債務整理では具体的な事情が考慮されますので、たとえ自身の経営の失敗で会社が倒産して多額の借金を抱えてしまったとしても、その人物に対して自己破産を適用することができるようになっています。これは、実際のケースを考えれば容易に判断できます。仮に大手の会社が倒産し、借りていた借金を全額返済できなくなった場合には、大手の金融機関も借金を回収できなくなりますので、それを不良債権として処理しなくてはならなくなります。

当然、不良債権として処理しなくてはならないということは、お金を借りていた債務者は破産法によって借りた金銭の免除を受けていることになります。そのため、法律的にはこうした社会通念上で仕方なく会社が倒産したり、経営に失敗したときには債務整理などの救済法が利用できるようになっているわけです。

  • 具体的な事情を考慮
  • その上で支払不能であると認められる

大まかには、この二つが個人の自己破産の場合でも重要になります。

過去に債務整理をした場合は?

上記では、具体的な事情が考慮されると述べましたが、これは債務整理の手続きをする人が過去に既に債務整理を利用したかどうかも含まれています。

  • 過去7年以内の免責の有無

原則として、これから自己破産を行おうと考えている人は、過去7年以内に免責を受けたことがないかを考慮されます。仮に、過去7年以内に免責を受けたことがある人は、ほとんどの場合で自己破産の申請を通すことができないことに注意をしなくてはいけません。

ただ、7年以内に免責を受けている場合でも、債務者本人に全く非がない場合などの事情を考慮して、自己破産が認められるケースもあります。こうした特殊なケースで自己破産を行う場合には、事前に弁護士に相談をして過去7年以内の債務整理に関する事情を調べておいてもらう必要があります。

自己破産のリスクとは?

自己破産のリスクとしては、広範に考えると二つだけ存在します。

  • 財産の没収
  • 信用情報機関への登録(ブラックリスト)

自己破産のリスクに関しては、手続き上のリスクやその後の生活のリスクに関しては全くと言って良いほど存在しません。ただ、財産を保有している場合にはその財産が没収される可能性はあります。具体的には、現在価格が20万円以上の財産を保有している債務者は、その財産を没収されて、現在抱えている債務の返済にあてられることになります。

もちろん、残している財産に関して、その財産を没収されるとその後の日常生活に大きな支障が出てしまうケースでは、そのまま財産を保有し続けることも可能です。例えば、生活をしていく際には家具や調理をする家電製品がないと暮らしていくことができませんよね。こうした生活に必要な家具や生活用品に関しては、原則として処分をすることが認められていませんので、その点に関しては悩みを抱える必要はありません。

また、もう一つリスクと言えるのは、信用情報機関にその情報が登録されてしまうので、借金や新しいローンを組むことができなくなることです。これは、一般的にブラックリスト呼ばれている状況のことを意味します。当然、ローンを組むことができないので信用情報を利用して作成されるクレジットカードも使うことができません。

ただ、信用情報の登録に関しては、基本的に5年から7年程度の期間を経過すると登録が抹消されて、また借金やローンを組むことができるようになります。そのため、リスクとしてはかなり小さいものであると判断できます。

自己破産の前に気を付けておくこと

自己破産の申請をする前には、いくつか気を付けておく行為があります。

  • 浪費行為
  • 借金の返済
  • 態度

自己破産を利用する前に、残っていたお金をギャンブルや自身の遊興費に利用した場合には、その事実によって自己破産の申請が通らなくなってしまう可能性もあります。こうした事由は、免責不許可事由と呼ばれているもので債務の免責を行う人物としてふさわしくないと判断されます。ですから、自己破産をしようと考えている人は返済ができなくなったと感じた時点で一切の浪費行為を止める必要があります。また、借金の返済をするのも止めておく必要があります。

これについては不思議に感じる人もいますが、自己破産を行おうと考えた段階で、債権者への返済を止めておかないと返済ができる能力があると判断されてしまいますので、実は自己破産の申請が通りにくくなります。特に、複数の金融機関からお金を借りている場合には、特定の会社だけに返済をすると不平等だと判断されてしまいますので、申請を却下される可能性もあります。そして、最後に重要なのが申請をする人の態度です。

自己破産を申請する際には、裁判官から直接なぜそのような状況になったのかが問われることになりますので、偽りなくその質問に答えることが大切です。誠実な態度で今まで借金を返済してきたことが伝われば、裁判官の心証も良くなりますので、単純なことですが申請に通りやすくなります。後は、悩みを相談した弁護士と計画を練って、いつ自己破産の申請を行うのかを決めれば万全でしょう。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事