MENU

CLOSE

債務整理の効果(1)キャッシングの高額な金利をカット!

債務整理の効果(1)キャッシングの高額な金利をカット!

4views

カテゴリ:未分類

債務整理をすれば高額な利息をカットできます

ec1510a263d50cae8416c17b9815b765_s

借金の滞納が常態化してきている。毎月の給料が借金の返済に消えていく…こんな状況のまま毎日を過ごすのは大変ですよね。いつ終わるか分からない苦しみの中では経済的な負担以上に心理的な負担が重くのしかかることでしょう。でも、そんな返せそうにない借金は一人で抱え込まなくてよいのです。

無計画な借金はお勧めできませんが、どんな人でも借金を返せない事情があります。そこで、借金の支払いを軽くすることができる債務整理という制度が設けられています。債務整理をすることで借金の支払いが可能になること、または借金がなくなる可能性もあります。

債務整理についてよく知らないあなたも安心で、債務整理の手続きは基本的に弁護士が行ってくれます。書類作成や債権者との話し合い。時には裁判所でのサポートもしてくれるので助かります。借金について相談することははばかられますし、相談料が高いと感じるかもしれませんが、債務整理の相談は特別なことでもなければ相談料を無料にしている弁護士事務所もあります。

恐らく、「借金を返せないかも」と思ったあなたが弁護士事務所に相談した結果行う債務整理は、任意整理だと思います。任意整理は債務整理の中で最も一般的なもので、借金の内利息を減らすことができます。元本が減るわけではありませんが借金の利息が雪だるま式に増えていることから、利息を減らすだけでも支払いが簡単になるでしょう。

借金の利息は総じて高いですが、特に消費者金融系のキャッシングは利息が高い傾向にあります。これは、気軽に借りられるため貸し倒しが発生しやすいことが理由だと言われています。審査が緩いと言うことはそれだけ会社がリスクを背負うことになります。逆に銀行系のカードローンは審査が厳しく金利が少し安い傾向にあります。

任意整理は弁護士に代理をすれば金融会社との交渉をすべて引き受けてくれます。そして、和解文書ができるのを待つだけなので、借金の苦しみからは間違いなく解放されます。

そして、和解の内容に従ってお金を返済していきます。任意整理は利息を減らすだけでなく返済の期限も融通できます。その期間はおよそ3年、長くて5年です。逆に言えばそれだけの期間返済を続けられる収入があることを問われます。よって、無職の人は任意整理をしづらい現状があります。

お金が返ってきた人多数、債務整理なのにお金が返ってくる過払い金とは?

3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_s

ところが、任意整理の結果利息が減るだけでなく元本まで減ることがあります。人によっては借金がなくなるどころかお金が返ってくることも珍しくありません。こちらからお願いしているはずなのに何が起きたのでしょうか?その正体が過払い金です。

金融会社の契約通りにお金を払っているはずなのに、こちらがお金を払いすぎている。一見おかしいように見えますが、過払い金が発生するときはそもそもの契約に問題があります。本来は利息制限法によって上限の利率が決まっているのですが、この法定利率を破っても裁判で取り返すしかありませんでした。

刑事罰に関わるのはあくまで出資法の上限である29.2%。これは法定利率から考えてあまりに暴利と言えます。しかし、2007〜2010年に行われた法改正までは平気でこのくらいの利率に設定されていました。これを違法だが罰則にならないという意味で「グレーゾーン金利」と呼んでいたのです。

しかし、法改正によって法定利率を越えたものは行政罰が加えられるようになり、また、過払い金は原則返してもらえるようになりました。つまり、支払いの履歴と契約の詳細が手元にあれば、こちらが絶対的に優位な案件です。今、借金で悩んでいると言う人も、もうお金を帰してしまったと言う人も過払い金について弁護士と一緒に確認してみませんか?

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事