MENU

CLOSE

債務整理したいけどお金がない!法テラスを利用して費用を節約

債務整理したいけどお金がない!法テラスを利用して費用を節約

0views

カテゴリ:未分類

債務整理と費用の問題

債務整理にはお金がかかる

借金問題解決の手段として効果的なのが債務整理です。借金の悩みを弁護士に相談して債務整理をすれば、苦しい借金を解消できるでしょう。

ただし、弁護士も仕事として債務整理の代理人を引き受けるわけですから、タダで依頼はできません。借金額や状況によって費用は異なりますが、報酬は少なくとも10万円程度支払う必要があります。仕事内容を考えれば十分安いといえる報酬ですが、借金の悩みを抱える人にとっては簡単に支払える額ではありません。

実際に弁護士費用が工面できないため債務整理に踏み切れない人は少なくありません。弁護士費用のためにさらに借金しては本末転倒ですが、お金の工面がつかず問題を先延ばしするほど借金は膨らみ解決は遠のいてしまいます。

お金がない場合は法テラスへ

債務整理したいけどお金がない、という方は直接弁護士に相談するのではなく法テラスを利用しましょう。法テラスとは法律関係の相談を受け付ける窓口施設で、借金問題の悩みや債務整理に関する相談も受け付けています。法テラスが直接問題を解決したり代理人になることはありませんが、費用の相談をしたり弁護士や司法書士を紹介したりといったサポートを受けられます。

法テラスを利用するメリット

無料で法律相談ができる

法テラスでは一定条件を満たす方を対象に無料で法律相談を受け付けています。悩みの相談を聞いてくれるのは弁護士や司法書士など法律の専門家で、有料の法律相談に劣らない質の高いサービスが受けられます。収入が一定以下など条件はありますが、専門家の知恵を借りられるのは大きなメリットであり借金問題解決に向けて大きな一歩となるでしょう。

民事法律扶助制度を利用して費用を立て替えてもらえる

法テラスでは経済的に苦しい人の法律活動を援助する目的で公的な扶助制度を用意しています。民間法律扶助制度という名称のこの支援制度を利用すれば、弁護士や司法書士に支払う費用を全額立て替えてもらえます。あくまでも立て替えなので後日の支払いは必要ですが、制度を利用すれば手持ちの資金が足りず費用の工面がつかない人でもすぐに債務整理を実行できます。

債務整理はスピードが命です。最も成立件数が多い任意整理では借金の将来利息は減るものの債務の減額はありません。手続きが遅れるほど残りの債務額が大きくなってしまうため、早期に手続きするほどメリットは大きくなります。弁護士費用を貯金している間にも債務はどんどん増えてしまいますが、民事法律扶助制度で立て替え払いが利用できれば借金が膨らむ前に速やかに債務整理手続きを始められます。

報酬が決められているのでぼったくられる心配がない

残念なことですが、弁護士や司法書士の中には金もうけばかりを優先する悪質な人物もいます。そのような人物に債務整理を依頼してしまうと、相場よりもはるかに高い報酬を請求され債務整理したのにちっとも返済負担が軽くならない恐れがあります。

法テラスでは民事法律扶助を利用して依頼する場合の報酬額を規定しています。この金額は普通に弁護士に依頼するのに比べて安く設定されているので、民事法律扶助制度を利用して依頼したほうが安心できるだけでなく経済的な負担も小さくなります。

任意整理であれば借入先1社で約4万円、最大でも約23万円が報酬の上限です。さらに、通常は減らせた借金額に応じて10〜20パーセントを支払う減額報酬金も認められていないので、実費以外の追加費用は請求されません。自己破産の依頼でも報酬は10〜30万円と規定されており、相場の半額くらいの金額で依頼可能です。

立替費用の返済は分割払いできる

民事法律扶助制度で立て替えてもらった費用は分割払いで返済できます。毎月5000円程度に設定できるので、債務整理の返済分と合わせても負担を最小限に抑えられます。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事