MENU

CLOSE

借金から解放されるには債務整理!自己破産の仕組みについて! 

借金から解放されるには債務整理!自己破産の仕組みについて! 

0views

カテゴリ:未分類

借金問題から解放される債務整理って何?

借金問題で苦しむ人は多いのですが、苦しむことなく借金を整理できる方法があることはあまり知られていません。多額の借金の悩みがあり、返済に困っている場合には債務整理という方法があるのです。例えば、自己破産などの手続きをするということです。自己破産と聞くとネガティブなイメージを持つ人が多いのですが、イメージが先行して間違った知識を持つ人も多く、あまり正しく知られていません。

基本的に債務整理というものは、法律に則って借金を一度見直すことにより無理のない生活を送ることができる、借金で困っている人を再生させる方法のことです。

債務整理にはさまざまな種類があり、自己破産以外にも、家を手放したくないという場合や、利息を支払うのは難しいけれど、借りたお金だけなら返せそうという場合など、さまざまな状況に適した方法があります。そのため、借金の悩みがある人は、債務整理の正しい知識を身に付け、自分に合ったベストな解決方法を選ぶことが大切です。

自己破産の仕組みについて!

自己破産とは、裁判所に申立てをすることで、免責を受けて返済を免除してもらう方法です。借金整理にはこれ以外にも、個人再生や任意整理、特定調停といった債務整理を行った後も返済を続ける再建型の方法もありますが、自己破産は唯一返済が免責される清算型です。

自己破産は手続きをしただけで借金が清算できるというわけではなく、免責というものが認められてはじめて借金がなくなります。この免責とは、一定の条件の下で借金を帳消しにする制度のことで、債務者に経済的な再生の機会を与えるというものです。

自己破産すると財産をすべて失うの?

自己破産と聞くと、社会的に隔離された困窮した生活を送るイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。また、自己破産した人は、本当に貧しく暗い生活を送っているのでしょうか。しかし、実際にはそのようなことはありません。持ち家などがあれば金融業者などへの配当原資に充てられるため、確かに財産を失うことにはなりますが、生活に必要な家財道具などは失うことはありません。

例えば、現金であれば99万円以下、その他20万円以下と認められるものであれば保有していることができます。また、ローンがない場合に限りますが、車でも20万円以下と認められれば、手放さなくてもいいのです。簡単に言えば、現金を除き20万円を超える価値があるものは財産と考えられ、金融業者などへの配当原資に充てられるということです。そう考えると自己破産をしたからといっても、手放さなくてはいけないものはそう多くはない人も中にはいるのです。

自分にあった債務整理について!

自己破産を行うと借金が帳消しになりますが、適用となる財産については処分しなくてはなりません。借金をとにかくなくしたいというのであれば自己破産でもいいですが、借金の金額や借入件数が比較的少なく、毎月の返済額を減らしたいと思っているのであれば、任意整理の方が適している場合もあります。

また、任意整理は無理だけど自己破産はしたくない場合や、自宅は手放したくないという場合には、支払計画を見直すことができる個人再生と言う債務整理の方法もあります。しかし、自分ではどの債務整理が適しているのか判断が難しい場合があります。そのような場合には、弁護士に相談するのがおすすめです。

弁護士に相談することで、相談者の借金額や現在置かれている状況などを総合的に判断し、適切な債務整理の方法を提案してくれるでしょう。借金問題で悩んでいる場合は、まずは、弁護士に相談することが解決の近道になるといえるでしょう。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事