MENU

CLOSE

憧れのマイホーム!債務整理は住宅ローンにどう影響する?

憧れのマイホーム!債務整理は住宅ローンにどう影響する?

0views

カテゴリ:未分類

住宅ローンと債務整理

住宅ローン返済中に借金が膨らんでしまったら

借金が膨らみ返済が追いつかなくなってしまったときは、弁護士に悩みを相談して債務整理するのが一番の対処法です。弁護士に借金の悩みを打ち明け相談した上で適切な債務整理を行えば返済負担は軽減され、借金による生活破たんという最悪の事態を防げます。借金が膨らんでしまう原因は人それぞれで、必ずしもお金の使い過ぎや浪費が原因とは限りません。生活費のために一時的に借りたお金が返せなくなってしまうケースも多く見られます。

意外と多いのが、住宅ローン返済中の借金問題です。住宅ローンが組めるということは一定の収入と信用があるということなのですが、住宅ローンで圧迫された家計を一時的に補填するためにキャッシングで借りたお金が返せなくなり、生活破たん一歩手前まで追い込まれると言うのはよくある話です。住宅ローンもキャッシングの借り入れも同じ借金です。住宅ローンのみ返済を継続しつつ膨らんでしまった借金だけを債務整理してマイホームは守ることはできるのでしょうか。

個人再生ならマイホームを守りながら債務整理可能

結論から言うと、マイホームを保有したままの債務整理は可能です。住宅ローンのみ支払いを継続しつつその他の借金を債務整理する場合は「個人再生」という方法が用いられます。個人再生とは大幅な債務減額を受けて借金の完済を目指す債務整理方法です。

個人再生は自己破産と同様に債務の免責を受けられますが、自己破産のように所有財産の処分を強いられることはありません。そのかわり借金の全額が免責されることはなく、減額しても残った債務はきちんと返済を続け完済する必要があります。個人再生の最大の特徴は、すでに支払中の住宅ローンは継続しつつその他の借金のみを対象に債務整理ができることです。

債務整理の対象となる借金をきちんと返済することを条件に住宅ローンを対象外とすることに同意が得られれば、債務整理後も引き続きマイホームに住み続けられます。マイホーム以外にも生活に欠かせない自動車ローンなどを整理対象外とし自動車を所有し続けることもできます。

個人再生で減額される借金は原則5分の1です。借金の8割がカットされるので返済負担は大幅に軽減されます。返済は長期の分割払いになるので、毎月の返済額見直しを含めれば無理なく返済できるでしょう。

債権者が個人再生に応じる理由

債権者にしてみれば住宅も手放さずに借金の大幅減額を求められる個人再生にメリットはないように思えます。なぜ債権者はそのように不利な個人再生に応じるのかというと、自己破産による全額免責を避けるためです。

個人再生を選択するのは任意整理ではとても追いつかないほど借金が膨らんでしまった債務者です。もし債権者が個人再生に同意しなければマイホームを諦めて自己破産される可能性が高く、そうなってしまえば貸付金は全額回収不能になり大損してしまいます。個人再生に同意すればたった5分の1とはいえ回収できるのですから、最悪の事態を避けるために債権者は個人再生に同意するという選択肢を選ぶのです。

債務整理後の住宅ローン

債務整理後に住宅ローンは組めるのか

すでに組まれている住宅ローンは個人再生で対応可能ですが、住宅ローンを組む前の債務整理は住宅購入にどのように影響するのでしょうか。債務整理をすると個人情報がブラックリストに記載されてしまいます。住宅ローン審査ではブラックリストは必ずチェックされるので、債務整理した後数年間は住宅ローンを組めません。ブラックリストから個人情報が消えるまで早くても5年はかかるので、その期間はローンを組んでのマイホーム購入は不可能です。

本人以外への影響はなし

債務整理が影響するのは本人のみで配偶者や家族には影響しません。住宅ローンを債務整理した本人が組むのではなく、配偶者や子の名義で組むのには何の問題もありません。共働きの場合は、配偶者名義でローンを組めばマイホームを購入できます。ただし、ブラックリスト入りしている人物は保証人になれません。配偶者が保証人になることを条件に提示された場合は住宅ローンを利用できないので注意してください。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事