MENU

CLOSE

過去に借金があった人必見!債務整理の過払い金請求のあれこれ

過去に借金があった人必見!債務整理の過払い金請求のあれこれ

4views

カテゴリ:未分類

債務整理は借金減額以外の事もできる

e276b6fd59dacef3eb94df9d54857f58_s

債務整理というと、現在進行形の借金の減額や利息カットを行うものというイメージが強いのではないでしょうか。確かに債務整理の多くはそういった現在ある債務に対する問題解決です。しかしながら、決してそれだけというわけではありません。債務整理の中には、過払い金請求というものがあります。

その過払い金請求というのは、現在ある債務に対して行うものではなく、過去にあった完済済みの債務に対して行うものになります。借金は払い終えたらそれでお終いなんていう考えを持っている方も多いでしょうが、実は過去の借金に対して債務整理を行う事で利息の払い過ぎなどが判明してお金が戻ってくる事があるのです。

なので過去に借金をした経験があるという方は、自分にも過払い金がないのか調べてみる価値があります。弁護士などに相談をすれば、過払い金の有無はわかります。また弁護士に相談をする前に自分で過払い金がありそうかどうか判断する事もできます。2010年6月18日の法改正よりも前に借りた借金では、過払い金が発生している可能性が高いです。

この借金をしていた時期により、自分にも過払い金があるのかどうか判断しやすくなると言えるでしょう。過払い金は請求しなければそのままであり、つまり損をしている事になります。とり戻せるお金があるのであれば、しっかりと手続きをすべきだと考えられます。

過払い金請求について知っておくべき事

5ec2515a531449674afe83660387b879_s

混同しがちな過払い金請求と任意整理

過払い金の請求というのは、過払い金請求だけではなく場合によっては任意整理でもできます。そのため、この二つを混同する人は少なくありません。しかしこの二つの違いはしっかりと知り使い分けをしないと損をします。まず、完済した借金については任意整理ではなく過払い金請求を行います。一方でまだ借金を返済中だけど過去返済をしてきた中に過払い金がありそれを取り戻したいという場合には任意整理をします。

任意整理の場合には信用情報に記録が残り、5年間は新たな借り入れができない、ローンに通らない、クレジットカードが作れないという状態になります。一方過払い金請求の方はそういった事にはなりません。なので信用情報の事を考えれば、借金を完済してから過払い金請求をしてお金を取り戻すべきだと言えます。

過払い金請求の相場

過払い金請求をするにあたっては、弁護士事務所などによって多少異なりますが、多くの場合には着手金が2万円から3万円まずかかります。そこから解決報酬金としてさらい同額程度とられるところもあります。それに加えて減額成功報酬として取り戻したお金の10%以下を請求されるケースもあるでしょう。そして最後に、過払金報酬として20%または25%の費用がかかります。

この全ての費用がかかるような弁護士もいれば、着手金と過払報酬金のみ、過払報酬金のみしかかからないという弁護士もいます。安かろう悪かろうでは意味がありませんが、費用を節約したいのであればしっかりとどんな費用がかかるのか弁護士事務所ごとに比較をしてどこに依頼をするのか決めるべきだと言えます。

過払い金請求には時効がある

過払い金請求というのはいつでもできるものではありません。最後の取引、つまりは完済以後10年間が過払い金請求の時効となっています。この時効を過ぎてしまうと、いくら過払い金があったとしてももう債務整理で取り戻す事はできません。

倒産により過払い金請求ができない可能性

過払い金請求をしようにも、利用していた消費者金融などが倒産してしまっている場合には請求のしようがありません。なので、時効前にしてもこの倒産リスクを考えれば、なるべく早く過払い金請求は行うべきであると言えるでしょう。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事