MENU

CLOSE

任意整理の分割返済は何回?長期の分割返済は出来る?

任意整理の分割返済は何回?長期の分割返済は出来る?

0views

カテゴリ:未分類

任意整理の分割返済

任意整理は任意で債権者と交渉する債務整理の手続きです。債務整理の手続きの中では利用者が特に多くなっています。クレジットやローンと言った借金を長期滞納すると期限の利益の喪失となります。期限の利益の喪失となると債権者は一括返済を求めることが出来るのです。長期滞納する借主の殆どで一括返済に応じるのは困難で、大きな悩みを抱えてしまうことがありました。そんなときでも任意整理では分割返済に応じて貰えることが多いのです。

分割返済の回数は?

任意整理の手続きを進める前に気になるのが分割返済の回数です。任意整理の場合、グレーゾーン金利で借金していない方は元本が減らないことが多いです。分割返済の回数が少なすぎるのでは毎月の返済額が多くなってしまいます。任意整理後の分割返済は3年36回が基本となっています。

50万円の借金があり3年36回の分割返済に応じて貰えた場合、単純計算で毎月約1万4千円の返済で済みます。将来利息は原則カットされるため、元本の分割返済だけで構いません。債権者との交渉によっては5年60回の分割返済に応じて貰えることがあります。任意整理では裁判所に申立を行わないため、交渉力がものを言います。本人自ら手続きするより、債務整理に強い弁護士に任せたほうが安心です。

5年以上の長期の分割返済に応じて貰えることも

場合によっては5年60回以上の長期分割返済に応じて貰えることがあります。どんな場合でも長期分割返済が認められるわけではありません。以前から取引しており、遅延の無い返済を続けていた方が何らかの原因で任意整理が必要になったと言う場合なら認められやすいです。しかし任意整理するまで数回しか返済していないと言った取引期間の短い場合だと認められないことが多いです。

その他にも長期分割返済となると返済が長々と続いてしまうと言う点には注意が必要です。安定した収入が無いと任意整理出来ないとは言え、その間に何が起こるか分かりません。もしリストラや病気や怪我などで働けない状態が長引くと、任意整理後の分割返済が困難になる可能性があります。任意整理では和解契約書と言う書面で契約を交わすことになっています。

もし和解契約を守ることが出来ないと無効になることがあるのです。無効になると将来利息のカットも分割返済も無くなってしまいます。長期分割返済は返済が楽になる代わりにリスクがあるため、事前に弁護士と入念な打ち合わせを行って下さい。

任意整理後の分割返済を楽にする方法

繰り上げ返済する

住宅ローンでは繰り上げ返済と言う仕組みがあります。繰り上げ返済とは毎月の返済額に加えて、任意の金額を返済することを言います。繰り上げ返済することで完済までが早くなります。任意整理で交わした和解契約では毎月最低の弁済額が決まるだけです。

最低以上なら幾ら返済しても構わないため、余裕のあるときは繰り上げ返済しておきます。既に将来利息はカットされているため、利息の減額効果はありません。しかし完済済みの状態、まだ分割返済を続けている状態では精神的にも大きな違いがあります。

弁護士費用の積立

任意整理を弁護士に任せたときは弁護士費用が発生します。任意整理後の分割返済と弁護士費用の支払が重なると、悩みの種が一つ増えることがありました。そんなときでも弁護士によっては弁護士費用の積立が出来ることがあります。弁護士に依頼するときには委任契約を交わします。

このときに弁護士費用が幾らになるのか、積立金は毎月幾らにするか相談しながら決めていきます。無理なく積立出来る金額を相談しながら決めることが大切です。任意整理の手続き開始後、弁護士事務所の指定口座に振込すると言う形で積立していきます。状況により異なるものの、任意整理の和解成立まで3か月から6か月ほどかかります。期間が短いために全ての弁護士費用の積立が出来ないことがあるものの、その後の分割返済や弁護士費用の支払が楽になります。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事