MENU

CLOSE

任意整理で借りたお金を減額をできるってどういうこと?

任意整理で借りたお金を減額をできるってどういうこと?

5views

カテゴリ:未分類

債務整理の中で任意整理を選んだときのメリットとは

b379203a5985106be33a29992ce4d63e_s

弁護士に相談をして示談で解決

原則として任意整理は弁護士や司法書士といった法律専門家を通じて行っていくものです。債務整理の中でも特定調停が同じような手続きをしますが、こちらは費用が減額できる反面裁判所を通さなくてはならず、また、計算をして過払い金が発覚しても債権者に返還請求を行えないというデメリットがあります。

それから、調停調書が法的な拘束力を持ち、返済計画を立てた後にそのとおり借金を返せなくなってしまったら、財産や給与が差し押さえられるなど強制執行を行われることにもなるものです。

それとは違い、任意整理は債務整理の中でも裁判所を通さずに行うものですので、手続き自体も比較的簡単なものになります。返済計画通りに借金を返せなくなってしまっても再和解の道を選択できるなど柔軟な対応が可能です。もちろん債務整理ですので約5年程度は信用情報機関に事故情報、いわゆるブラックリストへと登録されることになりますが、デメリットの少ない方法といえます。

任意整理をおすすめしたいかた

場合によっては他の債務整理が適している場合もあります。

任意整理をおすすめしたいケースは、

  • 借入期間が長めで多くの過払い金が発生している可能性が高い
  • 利息だけで手一杯になり元本が減らないことに悩んでいる
  • 借金の返済の意思がありこれからも引き続き返していきたいと思っている
  • 3年から5年程度で残りの借金を返済していくことができる安定した収入を確保できている
  • 連帯保証人がいて迷惑をかけたくない
  • 家財を失いたくない
  • 自己破産だけは避けたい

当てはまる場合には、任意整理を希望していることを弁護士に相談してみてください。

任意整理で借金の負担を減らせるカラクリ

82b08e577a3dd7bbbd9b0ab2a619f62a_s

払いすぎた利息が返ってくる

任意整理を行うと原則的に利息がカットされることになり、返済は借金の元金のみになります。金利の高い消費者金融から借り入れていた場合には負担が大幅に減少するのがメリットです。

借り入れ期間が短い場合だと、払いすぎてしまった利息の過払い金額も少ないので減額される分は微々たるものになりますが、それなりの長い期間借り入れていた場合には、今までの過払い金額を差し引いて残った分を返済することになりますので、それだけで総額をかなり減らすことが可能です。

まとめて返済することで減額できる

任意整理による和解提案というのは、一般的に3年から5年かけて返済をしていくというものです。ですが、中には一括で返済を行うことで借金総額を減額するというやりかたも存在します。

もちろん借金総額が減るということはそれだけ債権者が損をするということですから納得させることが前提ではありますが、少しでも早めに返済をしてもらうことでそのお金をさらに別の人に融資するように運用していけば利益を得られることもできるという一面もあります。

まとまったお金を用意できるのであれば、弁護士に相談をして交渉してもらうのがおすすめです。

弁護士費用を差し引いても損はしない

借金の総額を減らせる任意整理ではありますが、弁護士への依頼費用を懸念しているという声も聞かれます。数十万円の借金を返すのに数十万円の弁護士費用がかかってしまってはただ負担を増やしてしまうだけです。しかし、弁護士側は依頼者が借金の返済に苦しんでいることをきちんと理解していますので、依頼費用を一括で支払可能だとは思っていません。基本的に債務整理の仕事に関しては分割払いに対応しています。

弁護士に依頼した段階で債権者からの督促は止まり、今まで苦しんでいた返済が一旦ストップします。借入利息が0になり、そんな中で弁護士への支払い額は生活を圧迫しない程度に分割調整されますので、大抵は今までの返済額よりも低くなるため安心です。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事