MENU

CLOSE

支払い期間が長いほど不利になる!?リボ払いの真実

支払い期間が長いほど不利になる!?リボ払いの真実

5views

カテゴリ:未分類

リボ払いとは何なのか?

0658de3ac9032f5f266c427b11b98750_s

サービスで変わる種類

借りたお金を返済するためのプランは、それぞれのサービスを提供する会社によってかなり違いが出てきます。特に、返済プランとしてリボ払いというサービスが提供されているときには気をつけなくてはいけません。リボ払いは一般的にも認識されている返済プランなのですが、実はリボ払いそのものに関しては4つの種類が存在します。

  • 元利が定額のリボ払い
  • 元金が定額のリボ払い
  • 元利が定率のリボ払い
  • 元金が定率のリボ払い

似たような用語に見えてしまいますが、中身の返済プランはかなり違っていて注意をしないと返済時に余計な負担を背負ってしまうことになります。元利や元金が定額になっているリボ払いでは元金や金利手数料を固定する特徴がありますが、元利や元金が定率のリボ払いに関しては一定のパーセンテージを合算して計算することが通常となります。

計算方式が全く違いますが、どのリボ払いも月々に計算して決められた金額を債権者に対して返済していかなくてはならないことに違いはないので、月々にどのくらいの負担になるのかを計算することがとても大切になるのです。

長期になるほど負担が増加する

リボ払いの特徴は、長期になるほど債務者の負担が増していくことにあります。元金だけではなく元利やそれに伴う手数料を固定してプラスしたり、または割合を考慮して計算した返済金を返済していくことになりますので、元々の元金にプラスされる金額は期間が経過するほど大きくなります。

例えば、単純な話でいえば手数料で1000円必要になれば年間で元金以外にも1万2000円程度のお金が必要になります。

リボ払いで返済をし続ける限りはこの負担を常に背負わなくてはいけないわけですから、長期の返済では短期の返済と比較しても必ずその期間の分だけ負担が大きくなるわけです。こうなると、自然と借金の負担が大きくなるので負担を軽減させるために債務整理を利用しなくてはならない可能性も大きくなります。

リボ払いでは自覚が薄れる

6319cc69b7bd3d8a1d38662a1c6b5af8_s

リボ払いが債務整理の対象となりやすいのは、返済に関する負担を債務者自身が感じづらい傾向にあるからです。これは、実際のそれぞれの金融に関するサービスを比較すると一目瞭然でわかります。例えば、クレジットカードで利用できるキャッシング枠とショッピング枠の違いはそのままリボ払いの無自覚の返済の負担を証明することができます。

クレジットカードのように、少額であれ現金としてお金を借りることが可能なサービスでは、月々の金額を一定の基準で返済できるプランを用意しています。このプランを利用すると、確かに将来的な返済プランを立てやすいメリットはあるのですが、元金に含めて必ず付加価値が存在することになるので、同じようにカードを利用できるショッピング枠と比較して絶対に負担が大きくなります。

事実、ショッピング枠ではリボ払いは採用されていませんので、付加価値を支払う必要はないですよね。1万円の買い物をすれば、翌月以降にショッピング枠で利用したこの1万円のみを返済するだけで済みます。しかし、元金に加えて定額や定率で付加価値がプラスされていくサービスでは、同じようにお金を借りたとしてもそうではないサービスと比較して必ず負担が増大します。

ショッピング枠では翌月以降に1万円で良くても、キャッシング枠では1万2000円になることもあるわけです。それにもかかわらず多くの消費者が両方のサービスを利用するのは、キャッシング枠の付加価値がリボ払いによって自覚しづらい返済金額になっているからに他なりません。

月々に支払う金額が固定になると、詳しい内訳を確認しない限りはなかなか大きなお金を支払い続けていることに消費者は気づけないのです。ですから、同じようなサービスを利用したとしても理論上もリボ払いの長期的な支払いは債務者の負担を増大させることが分かります。

債務整理が早期に必要になる

de5bb9d60744a05ca0a57e4673a2fcc5_s

リボ払いが債務整理が必要な案件になりやすいのは、滞納に関するトラブルが生じやすいという事情も存在します。月々の返済金が決められているリボ払いでは、基本的に三ヶ月程度滞納をすると大きな問題に発展する可能性が高くなります。これは、返済金額の中に金利が含まれているからです。

金利というのは、債務者にとっては元金に対して生じる単なる余計な付加価値にすぎませんが、債権者の立場で考えると債権者の利益に相当する金銭になります。債権者からすれば、長期に返済をしてくれない状態になると利益となる金利を支払ってもらえない状態になりますので、強制的に債務の返済を徴収する手続きに入ります。

一方で、上記の例でもあったようなクレジットカードのショッピング枠というのは、債権者側の利益を考えて返済しているわけではなく、あくまでもお金を立て替えてもらっているだけに過ぎません。お金を立て替えている状態を継続したとしても収益が低下しているわけではないので、ショッピング枠のように元金の立て替えだけを行ってもらっているケースでは長期的に返済を待ってもらうことが可能です。

これは、リボ払いとそうではない返済方式の大きな違いであると言えるでしょう。事実、ショッピング枠を利用し続けたことによって債務整理の手続きをしなくてはならなくなるケースはキャッシングと比較しても非常に少ないことが分かっています。そのため、リボ払いを利用しなくてはならないケースでは早期の債務整理の可能性も存在するということを理解しておくことが重要です。

リボ払いの簡単な解決策

d4eb3c7f5ff0a6d1db2486e253d6fabe_s

任意整理でまずは相談

リボ払いで最も簡単な解決策は、弁護士に相談をして任意整理を利用することです。任意整理は、リボ払いのような一定基準の返済に伴うプランを考えるときには最も利用しやすい解決策です。基本的に、リボ払いで負担が大きくなってしまうのは月々の返済金額が債務者の想定したよりも大きくなってしまうからに他なりません。

これは、リボ払いの返済プランが負担を自覚しづらい状態になってしまうことと無関係ではありません。負担を自覚することがなかなか難しい状況だと、長期的な返済になると債務者自身の月々の返済状況もわからなくなるので、任意整理をすることによってまずその部分を是正することが大切になります。

任意整理という手続きは非常に広範な効果を発揮できる便利な手段で、債権者との話し合いによって単純な借金の減額だけではなく、月々の返済金額を一定基準にまで落とすことができます。この基準というのは債務者が負担を感じない程度の基準であるため、弁護士を通して任意整理の取り組みをすることによって比較的容易にトラブルを解決できるでしょう。

万が一の場合にも対応できる

任意整理を利用したケースだと、万が一のケースにも対応することが可能です。この万が一のケースというのは、過払い金に伴う金銭トラブルのケースです。過払い金というのは、金利や利息に関するグレーゾーンの問題であるため、グレーゾーンとしてリボ払いをしていたケースでは任意整理をすることによって返済金額を一定水準に落とすことができます。

それだけではなく、債務者から返済し過ぎた金銭を貸金業者から取り返すことも可能になります。リボ払いのように、一般人にとっては返済金額が複雑になりすぎている問題では、過払い金が発生していても自覚することが難しいです。

実際に、リボ払いで無自覚に返済金を多く支払っているケースで特に過払い金が発覚することはとても多いです。債務整理の中でも特に任意整理は費用を必要としない手続きなので、返済で困っていたとしても利用しやすいメリットがあります。少ない費用で借金の減額、月々の返済金額、そして過払い金をすべて解決できるので困っている人はまず任意整理を弁護士に相談すると良いでしょう。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事