MENU

CLOSE

これさえ読めば大丈夫!?知らない人でも良く分かる債務整理

これさえ読めば大丈夫!?知らない人でも良く分かる債務整理

4views

カテゴリ:未分類

債務整理について

b3ab486c56deb6909eeef1341ea4f638_s

『債務整理』という言葉を聞いたことのある方は多いと思いますが、実際に債務整理がどの様なものなのか詳しく知っている方は少ないと思います。そんな方の為に債務整理について分かりやすく説明していきたいと思います。

債務整理とは?

債務整理とは簡単に言ってしまえば『返し切れない借金の額を軽減する』手続きの事を言います。日本には多くの借金を抱えている方がいます。その中には利子が膨れ上がってしまい、返済が困難な方や、借金が返し切れずに夜逃げなどの手段に出てしまう方もいます。

債務整理はそんな方々が無理なく借金を返済できるように、弁護士や司法書士と相談して借金の額を軽減していくものです。しかし多くの方は『債務整理』という言葉にマイナスなイメージを抱いており、その手段を取る方が少ないのが現状です。

債務整理の種類

債務整理には主に以下の4種類の方法があり、借金を抱えている人の考えや状況によって、その解決方法は異なってきます。

  • 任意整理

任意整理とは弁護士や司法書士が、直接債権者と交渉する事で借金の額を減らしたり、返済方法を変え、返済可能にしていく方法です。言わば任意整理とは借金の『示談』とでも言えばわかり易いでしょう。

任意整理は直接的な交渉ですので、裁判所が関与することが無く、債務整理の中では最も多く取られている手段です。任意整理は、今の借金額を返済する事は難しいが、収入がきちんと有り、借金を返していきたいと考えている方にお勧めできる手続きです。

  • 民事再生

民事再生とは別名を『個人再生』とも呼ばれ、家や不動産を手放したくない方や、自己破産だけは絶対にしたくない、という方によく取られる手続きです。任意整理で借金を整理しても、まだ返すことが出来ない額が残っている方が自己破産せずに済む方法でもあり、住宅ローンの返済が困難でも家を手放さずに済む方法でもあります。

また民事再生はこの先の収入がある方が対象の債務整理で、地方裁判所を通して行う方法ですが、サラリーマンの様に企業に勤めている方は特例で手続きが簡略化する場合があります。

  • 自己破産

恐らく債務整理の中で最も名の知れた手続きでしょう。自己破産とは、上記の2つの手続きを取ってなお借金を返済できない場合に取られる手続きで、簡単に言ってしまえば『借金を帳消し』にしてくれる債務整理です。『自己破産すると戸籍に傷が付く』『社会的な権利を失う』と言う、自己破産に悪いイメージを抱いている方は多いと思います。

確かに自己破産をすると一定の財産を失いますが、飽くまで自己破産とは国が定めた『人生を再スタート』する方法ですので、生活に必要な最低限のものは保証されますし、自己破産後に得た財産は自由に使っても問題ありません。

  • 過払い金返還請求

過払い金とは言わば『払いすぎた利息』のとこです。過払い金返還請求とはその名の通り、弁護士などに相談して余分に払い過ぎた分の利息を返してもらう様に請求する事です。なぜ過払い金が存在するのかと言うと、金融業者の定めた利息率と、法律で定められた利息率に差があるからです。

金融業者が定めた利息率は多くの場合29.2%で、これは『出資法』という法律によって定められた上限利息です。出資法とは簡単に言ってしまえば『利息率は29.2%までにしなさい!』という法律です。金融業者は沢山利息を取りたいので、出資法ギリギリまでの利息率を定めます。

しかしそれとは別に『利息制限法』と呼ばれる法律があり、法律上はこの『利息制限法』で定められた利息分は払わなくても良いのです。この二つの法律の差額によって生まれるのが過払い金です。

債務整理のメリット

b8e534d0b4eb1805cd6cce879ef9bb25_s

それぞれの債務整理のメリットを紹介します。

任意整理のメリット

任意整理のメリットとして一番に挙げられるのが『周囲に知られる事無く解決できる』事でしょう。自己破産や民事再生の場合、裁判所を通して行われるため、どうしても官報に掲載され第三者に知られてしまいます。

しかし任意整理は弁護士や司法書士が直接交渉をして解決させる方法なので、周囲に知られる事無く行えます。また職業や資格による制限もなく、依頼後すぐに督促が止まるのも任意整理のメリットです。

民事再生のメリット

民事再生の一番のメリットは、やはり住宅ローンがあっても『自宅を手放さなくてよい』事でしょう。また借金の額によって変動は勿論ありますが、民事再生は減額がかなり大きく、場合によっては3分の1も減額されることがあります。他にもギャンブルなどが原因での借金でも手続きが出来る、自動車等を手放さなくても良い、資格の制限がない等のメリットもあります。

自己破産のメリット

自己破産の最大のメリットは『借金がリセットされる』事です。これは他の債務整理にはない特徴で、税金などの支払いを除けば、借金は全くのゼロになります。弁護士などに依頼すれば、その時点から借金の取り立ても無くなりますので、精神的にもかなり楽になる事でしょう、勿論その事で金融会社には大きな損失を与える事にもなりますので、その自覚は持つ必要があります。

過払い金返還請求のメリット

過払い金返還請求のメリットは言うまでもなく『お金が返ってくる』事です。とは言っても弁護士などに依頼すれば、必ず過払い金が戻ってくるわけではなく、駄目な場合もあります。

その為、過払い金の請求を依頼する場合は、ベテランの弁護士や専門家の弁護士に依頼するのが良いでしょう。また過払い金の請求は任意整理と同様に、裁判所を通さない為、第三者に知られずに行えると言うメリットもあります。

債務整理のデメリット

573dbc5464f8eab22ea3ba6a18ec15ab_s

残念なことに、メリットがあれば当然デメリットも存在します。各債務整理のデメリットを見ていきましょう。

任意整理のデメリット

任意整理のデメリットとして挙げられるのが『減額が少ない』事と、『ブラックリスト入り』してしまう事です。弁護士や司法書士が直接交渉するという特性上、やはりどうしても自己破産や民事再生等よりも減らせる金額が少ない場合が多いです。また任意整理を行うと、向こう5年は借入が出来なくなってしまう、所謂『ブラックリスト入り』してしまうデメリットがあります。

民事再生のデメリット

民事再生のデメリットとして挙げられるのは、主に『ブラックリスト入りする』事と『手続きが難しい』事、『第三者に知られてしまう事』の3つでしょう。

民事再生を行うと、向こう10年は新規の借り入れやカードを作ることが出来なくなってしまいます。また民事再生は債務整理の中で最も手続きが複雑で手間が掛かります。官報にも掲載されますので、第三所に知られてしまう事も含めると、かなりの精神的負担が強いられるかもしれません。

自己破産のデメリット

自己破産において最もデメリットと言えるのは、『資産価値のある財産を手放さなければならない』事でしょう。原則として20万円を超える財産は処分されしまう可能性が非常に高く、また『一定の期間中は一部の職に就けない』『10年間のブラックリスト入り』『官報に掲載されて周囲に知られてしまう』など、自己破産はメリットが大きい反面デメリットも大きくなります。

過払い金返還請求のデメリット

過払い金の請求は個人の当然の権利なので、これと言ったデメリットは存在しません。しかし強いて挙げるとすれば、過払い金を請求した金融会社に嫌われてしまい、そこの会社からは今後借入を拒否されてしまう可能性がある、事位でしょう。

債務整理で大切な事

369f5e56f30db63ced7d0a7febf3362f_s

上でも書きましたが、債務整理と言うとどうしてもネガティブなイメージを持つ方が多く、中々依頼にまで踏み切らないケースが多いと言います。しかしこれは逆に状態を余計悪化させてしまう場合が多いのです。債務整理は借金から解放される唯一の法的手段と言っても過言ではない方法です。

何もしないでいる事は、時間的にも金銭的に損をしてしまう事になります。最近では電話などで無料相談を設ける弁護士事務所も多いので、気軽に利用してみては如何でしょうか。債務整理で大切なのは『迅速な行動』です。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事