MENU

CLOSE

話し合いで借金が減額できる任意整理って何? 

話し合いで借金が減額できる任意整理って何? 

0views

カテゴリ:未分類

任意整理は話し合いで解決できる債務整理!

任意整理ってどんな人に向いているの?

債務整理にはさまざまな方法がありますが、中でも任意整理は、借金問題で困っている人が比較的行いやすい債務整理の一つです。任意整理は、言葉の通り任意で借金を整理するということです。つまり裁判所などの公的機関を通さずに、債務者と債権者の間で借金の利息や毎月の支払い金額を減らしてもらえるように交渉し、借金の返済額を減らしてもらうという方法です。

そのため、現状では借金を返済していくのは難しいけれど、多少の収入はあるので借金を返していきたいと考えている人などには最適な債務整理の方法といえるでしょう。

任意整理で借金を大幅減額できるのは何故?

任意整理で債務者と債権者が話し合いを行うことで、借金を減額してもらえるのはどうしてなのかと疑問に思う人もいるかもしれません。それは、利息制限法と出資法という2つの法律が大きく関係しています。まず、利息制限法とは利息の上限を定めた法律で、10万円未満なら20%、100万円未満なら18%、100万円以上なら15%と定められています。これに対して、法律改正前の出資法では29.2%の利息が上限となっていました。

そのため、過去に多くの金融業者は出資法を基準に貸付けていたのです。これら2つの法律の上限利息には最大14.2%の差があるのですが、ほとんどの人はこの事実を知らなかったため、本当は支払わなくてもよい余計な利息を払っている人が多くいたのです。そして、任意整理することで、この差額分の利息を計算し、今迄払い過ぎていた金額を元金返済にあて、残額分を無理のない返済計画で分割払いをしていくというものです。

任意整理を依頼する場合は債務整理に特化した弁護士へ!

任意整理を行う上で一番のポイントは、貸金業者との交渉です。自分で任意整理の手続きをすることはできますが、法律の専門知識が必要だったり、必要書類などを作成しなければならないため、一個人で行うのは非常に難しいと言えるでしょう。そのため、法律の専門家である弁護士に相談するのがおすすめです。

さらに、金融業者側は、債務者などには強い態度で臨んでくることが考えられるため、任意整理を弁護士が行った場合と自分で行った場合とでは借金の返済額がかなり変わってくる可能性があります。また、任意整理を弁護士に依頼する場合は、債務整理を専門にしている経験豊富で交渉力に優れた弁護士を選ぶことが重要なポイントです。借金問題で悩みのある人は、まずは、債務整理に特化した弁護士に相談するようにしましょう。

弁護士に債務整理を依頼するメリットとは?

債務整理を弁護士に依頼する大きなメリットは2つあります。一番大きなメリットは、債権者の取り立てをストップできるということです。弁護士が債務者から依頼を受けるとすぐに、金融業者側に受任通知という書面を発送し、これが届いた時点で和解が成立するまで借金の支払いをストップさせることができるのです。

これにより、日々の借金の取り立ての悩みがなくなります。また、もう一つの大きなメリットは、債務者は何もしなくてよいということです。任意整理で行う債権者側との交渉や書類作成は代理人である弁護士が行うため、依頼した時点ですべて弁護士に任せることができます。

また、任意整理は、金銭面においても借金が減額されるだけでなく、借金がゼロになる場合もあり、さらに過払い金が戻ってくる可能性もあります。そして、将来利息が免除されることも多いので、これまで借金問題で困っていた頃と比較するとかなり負担が軽くなるのが任意整理のメリットといえるでしょう。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事